宣伝ニュース【スタンド看板やチラシ印刷は激安サービスが狙い目】

開封率がポイント

DM

外部業者に相談

「何度送ってもダイレクトメールの効果が上がらない……」。店舗を運営している上で、こうした宣伝活動の悩みに直面されることもあります。ダイレクトメール自体、どの店舗でも実施している宣伝活動なので、あの手この手と色んな手法を用いて導入されているところがほとんどです。宣伝活動にお金をかけるだけの余裕があれば、工夫をこらしたダイレクトメールの改善もできますが、経費が決まっている上でどれだけ効果的なものにするかは至難の業なのです。
ここで、ダイレクトメールの効果を最大限に高めることができる方法になり得るのが、外部業者に委託をすること。外部業者に委託をして送付することにより、今まで自社にはなかったアイディアを取り入れることができますし、宣伝活動のプロである外部業者に依頼すればコンサルティングも請け負ってくれるから安心です。

開封率を高める

効果を高めるためのダイレクトメールの送付に欠かせないポイントが、開封率。開封率と言うのは、顧客に圧着ハガキや封書を送った後に開封してもらった割合がどれぐらいかどうかを見る割合のことで、宣伝活動の成功可否に関わります。この確率はあくまで開封したであろうという仮想の確率なので、必ずしも正確な割合というわけではありません。しかし、開封率が高いことにより、それを見て顧客が来店することに繋がっている数が増えれば、自ずと開封率が高いダイレクトメールということになります。このあたりは、キャッチーなコピーで惹きつけたり粗品を入れて開封を促したりと、色んな手法があります。費用対効果を見ながら、開封率を高くするアクションを選んでいきましょう。